カラーミーとショップサーブを比較してみました (2013年2月時点→2月30日追記)

カラーミーとショップサーブ、どっちがいいの?

ネット上で簡単にネットショップを開設出来るサービスは様々ありますが、どこのサービスを選べば良いのか、判断に困りますよね。
特に、決済周りの料金を考慮すると、月額利用料、決済手数料、1注文あたりのトランザクションなどなど、単純比較出来ない要素が多く、判断に迷います。

ネットショップを構築する際に、良く選ばれるサービス「カラーミー」と「ショップサーブ」を比較してみました。

単純に、月額利用料金の安い所が一番良いのか?と思ってしまいますが、決済方法の契約であったり、決済手数料やその他の付随サービス、ショップの使いやすさなどを考慮すると、結局どこが最適なのか判断出来ない位、たくさんの機能や選択肢が出てきてしまい、比較するだけでも結構な時間がかかります。

わかりにくい決済周りとか、月額売上いくらだったらいくら位になるか?といった予測の月額利用料などを簡単に比較し、「こういうショップだったらどっちがオススメ」という目安を出してみました。

作り込みのしやすさだったり、固有の仕様などは考慮に入れていませんが、比較検討の1つの材料として見て頂ければと思います。

カラーミーとショップサーブの比較 from Yuki Yakushijin

※Slideshareだとレンダリングが崩れますので、良ければ以下のファイルも合わせてご覧ください。

[ダウンロード] カラーミーとショップサーブの比較

どっちがいいのと聞かれたら・・・

カラーミーはスタンダードプラン、ショップサーブはスタンダードとアドバンスを想定して比較表を作成しました。(※2013年2月20日時点でショップサーブに新料金が追加されましたので追記しています。)
比較表から見て頂いて、月額売上想定の料金を見て頂くと、カラーミー、ショップサーブ、どちらを選ぶべきかの1つの目安になるのが以下のような条件になります。

カラーミー向きのショップ

  • 月額売上50万円以下
  • 1件当たりの注文単価が比較的安いもの(数百円〜数千円)
  • 売上に対する受注件数が多い傾向の商材の場合

<メリット>

  • スマートフォンサイトが自動変換で標準利用可能
  • メールマガジン配布無制限
  • 商品登録数無制限
  • 受注課金なし

<デメリット>

  • 1商品あたりの画像容量の制限200kbなのは、ちょっと厳しいかも
  • FTP利用が別料金
  • テンプレート数5ページまで、フリーページ10ページまで
  • 決済システムが別契約が必要

ショップサーブ向きのショップ

  • 月額売上50万円以上
  • 1件当たりの注文単価が比較的高い(1万以上とか)

<メリット>

  • ドメイン取得維持管理費が無料
  • 電話サポートあり
  • FTP利用が標準装備
  • フリーページやテンプレート数の制限なし
  • 決済手数料が安い
  • 決済周りも一式ついてくる

<デメリット>

  • 月額費用が高い
  • スマートフォンサイトが別料金(初期10000円/月額2400円)(※2月20日時点でスマートフォンがパックされた新料金が追加されましたので追記しています。)
  • メールマガジン配信制限(50000通/月)
  • 受注課金あり(35円/1件)

総論

カラーミー

月額が安くスモールスタートには向いていると思います。
受注課金も無いので、売上あたりの受注数が多い場合はこちらが向いています。
ただし、サポートが基本メールのみなので、カラーミーを構築した事のあるノウハウを持ってる人にやってもらった方が無難かもしれません。
デザインもこだわらない、という場合はテンプレートは充実していますのでこちらがオススメ。

ショップサーブ

月額利用料だけ見る場合割高に見えますが、ある程度の売上規模が最初から見込めるケースは、ショップサーブの方がお得になったりします。ただし、受注課金(トランザクション)が1件あたり35円かかるので、受注数の規模が膨大な場合は注意が必要です。
スマートフォンサイトも別途初期、月額費用が発生します。スマートフォンサイトも今や必須(参考:ショップサーブ購入者の25%がスマートフォン利用:2011年のネットショッピング事情(pdf))とも言えますので、利用する事を前提に考慮する必要があるかもしれません。
スマートフォン月額費用を考えても、やっぱりある程度の売上規模の場合はショップサーブに利がありそうです。

最後に

最近、各ECサイトサービスを利用する前提でのサービス選定のご相談を受ける機会が多いのですが、各サービスサイトや比較情報などを調べても、明確な結論を導く事が難しかった為、自分自身の1つの結論としてシェアさせて頂きました。

コンビニ決済や諸々のオプション料金なども変わって来るので、最終的な決定をする前には、ある程度条件を想定した上でシュミレーションをするのが必要になってくると思いますが、私がお客様にご相談頂く場合は、まずは売上の特徴を踏まえた上で、上記のようなポイントをお伝えし、検討判断のきっかけ作りをした上でご提案に入らせて頂いております。

もし宜しければ参考にして頂ければ幸いです。

※追記2013年2月20日

2月20日時点で、ショップサーブの料金に、新料金が追加された模様です。
それに伴って、スライドの比較表を改変いたしました。

スタンダードプランにモバイルサービスがパックになり、アイテム数も1000個まで対応となった「スタンダードモバとくパック」が追加されたようです。

ECショップ比較 2月20日追記分 from Yuki Yakushijin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>