その瞬間の風景

本日は完全オフ。

 

前日の花火の為、大朝に前乗り。朝から草刈り。

 

前日の予報では夕方から雨だったが、朝から雨降り。

9時頃に晴れ間が見え始めていたので草刈り開始。しかし山の天気は不安定で降ったり止んだりの繰り返し。

軽い雨なら気にせず草刈りしてたけど、バケツをひっくり返した様なスコールが3回ほど来た。

 

米作りの夏は、基本草刈りがメイン。畦周りや休耕田、斜面など春から冬に入るまでに同じ所をだいたい4回ほどローテーションで草を刈る。

草刈りも上手い下手があって、上手い人がやるとその後の草の伸び方が遅くなって次の草刈りのタイミングが遅くなるが、僕が刈る所は次に生えてくる草のスピードが早い。

畦の表面に生えている芝生や苔まで刈って土表を傷つけるとそこから雑草がドンドン生えているくるし、なかなか奥が深い。草刈りマスターへの道は遠いけどマスターになれる様に頑張るぞ。

 

20130805-011910.jpg

そうやって農作業をしていると、その作業をしていなければ出会えないであろうと思わせられる風景に、ふと出合う事がある。

そんな瞬間に立ち会えるのが、楽しみの一つだ。

風が吹いたり、雨が降ったり、太陽の日が差したり、何気ない出来事の全てが新鮮に映る。

 

トンボが飛びまくり from yuki on Vimeo.

休耕田の草刈をしていると、大量のトンボが舞っていた。思わず動画で撮影したけど、実際の目で見るとかなりの圧巻な風景だった。

花咲く稲穂

稲は穂が出てきて花を咲かせていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>