シフト体験

9月4日

昨日AM5時頃まで作業を行っていたので、若干重たい目覚め。本日も引き続き雨。

とあるプロダクションの方とランチのお誘いがあり某テレビ局へ。

久しぶりに社食っぽい所でビジネスランチをした。ちょっと東京時代のランチを思い出して懐かしい感じ。

実はこのビル、以前広島にいた頃、ガラス清掃のバイトをしていた時期があって、このビルにも掃除に来ていた。ゴンドラ乗ったり社内の窓という窓を掃除して回っていたので、実はビルの内部はほとんど出入りした事があったりする。その時の記憶なんかも蘇り、今こうしてまたここに居るのが不思議な感覚。

ランチの会話も弾み、今後の流れに期待。

ランチが終わったら雨も上がり、歩いて事務所まで戻る。その後、急遽呼び出しがかかりカフェにて雑談。

事務所に戻ってから引き続きブランディング、プロモーションプロジェクトのデザイン案件。合間に提案内容の取りまとめや雑務など。

話は変わるが、ある作業をしていたり、何かに集中していたりすると、ふと目の前の景色が反転するような感覚に陥る事がある。自分の感覚が一段深い所にシフトするような感覚。

それまで見えていたものや、考えていた事のその先の扉が急に開いたような感覚。思考レベルが反転したような感覚というか。

スポーツの世界で言うと、「ゾーン」、「ゾーンに入る」、「ゾーン体験」という呼ばれ方をする事もある。

そうすると、良い解決策が思いついたり、なんで今までそれに気づかなかったんだろう、というような発想に至る事があるのだが、僕自身は、その領域まで達する為に作業をしているといっても良いかもしれない。

写真は、以前のガラス掃除時代、人生で唯一、車で事故をした所。本日徒歩での帰りにその場所を通ったので、なんとなく撮影。その時とはまた違った感覚で同じ景色を見ている自分がここにもいた。

ちなみに、この時の事故は居眠りで右折レーンの車列に追突。ノンブレーキだった為、2台先まで玉突きに。怪我人が出ず不幸中の幸いだったが、追突するまでに運転していたであろう1kmほどの距離の運転した記憶が無い。つまり、広島で一番の車通りのある道を1kmも眠ったまま運転していたという事になる。恐ろしや。

みなさんも気をつけなはれや!

中央通り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>