不便な位が丁度良い?

今日は北千住から自宅まで一時間かけて帰ってます。

地震があった日はその夜は帰れず、次の朝も混乱が続き、南千住から歩いて2時間。
その時に比べれば全然近い。
被災地の状況を思うと、これ位苦労でも何でも無い。

何不自由無い生活に慣れると、それが当たり前に思えて、雨が降っただ、電車が遅れただと、色々モンクを言ってしまうが、今や誰も文句も言わず、何時間でも整列して電車を待つ。
それが海外では驚かれる。日本人の底力かもね。

昨日も混み混みのバスに乗ったが、入り口から入れない状態。バスの運転手さんは、出口を開けて「どうぞ出口からも入って下さい」って。粋だね〜、運転手さん。

あれ?でもそれだと料金払わず下りれるやん?って思ってたら、
降りる前にみんなちゃんと料金払ってた。
混雑している車内でも譲り合い、声の掛け合い。普段にない心暖まる光景。

混乱は続き、まだまだ落ち着きそうにないけど、不便になれば親切が、触れ合いが増えるなんて、不謹慎かもだけど、こっちの方が良いんじゃない?

人間ちょっとくらい不便な方が生活リズムもスローになって、暖かくなれるのかもね。

被災地からちょっと遠い所から一人でも多くの方が無事でりますように祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>