四国行脚 パート1 高知県三原村 しゅりの里編

先週末、ちょととした休暇を取って、四国に行ってきました。 なぜ四国か、というと、ちょうど私の実家が愛媛にあるので帰省がてら 以前から気になっていたヒトへ会いに、バショへ訪れに行きたくてちょっとだけ周りました。 それをレポートしたいと思いブログにアップします。

  まずは高知県幡多郡三原村にある「しゅりの里」へ。 高知県三原村は、人口1700人ほどの山間の村です。山間というか、さすがは高知、という位、深い山の中です。

しゅりの里は、そんな山の中で、広大な農場を運営し、鶏の放し飼いによる「化学系薬剤を一切使用せず、健康な鶏から元気で生命力豊かな安心出来る卵」の生産に取り組んでいます。

以前の仕事の関係で、三原村から東京までわざわざ出てきて頂いた事があって、その御礼も兼ねて1日体験農園をして、力仕事でも草引きでもなんでもやらせてもらうつもりでした。ですが、この日は藤田さんがいらっしゃらなかったので、軽くご挨拶がてら、農場見学という事でお邪魔させてもらいました。

三原村の入り口

三原村の入り口

三原村の入り口です。ここに来るまで既にかなり深い山の中なんですが、これから先ももっと深くなりそうな感じ。。   村の入り口には、ガイドマップも設置されています。

 

三原村ガイドマップ

三原村ガイドマップ

 

周囲の位置関係の地図拡大。

周囲の市町村に囲まれた感じの三原村

周囲の市町村に囲まれた感じの三原村

 

山の中の村な感じですが、土佐清水市の海岸まで行こうと思ったら車で20分ほどで行けますので海も近いんですよ。

そしてどんどん進むんですが、だんだん道が狭くなって、どんどん山が深くなっていきます。そうこうしていると、しゅりの里の看板が!ナビを見ながら進んでいるので、間違う事はないのですが、こんなに山の奥まで進んでしまうと心理的に「大丈夫か??」となってしまう初めての人にとっては、物凄い安心感を与えてくれる看板です。

ぐんぐん進むとしゅりの里の看板が

ぐんぐん進むとしゅりの里の看板が

 

さらに進むと、また違う看板が!こころ強いですね。

しゅりの里の看板その2

しゅりの里の看板その2

 

どうやらしゅりの里に到着したようです。番犬のマリン、フェリスがお出迎え。ブログで良く見てたので一発でわかった!

マリンとフェリスがお出迎え

マリンとフェリスがお出迎え

 

しゅりの里のわんちゃん達は、ペットではなく、立派な番犬としてしゅりの里で大活躍してくれています。

夜はケモノが来たら追っ払って、時には仕留めて、鶏さん達の安全を日々見守っていますしゅりの里は周囲をフェンスで囲っているので広大な敷地内で放し飼いで生活しています。犬にとってもチェーンで繋がれないのでストレスもなく、のびのびと落ち着いて、人にも優しく、特に訓練などしなくても働き者の犬に自然になってくれるんだそうです。

リリーねぇさんは落ち着いて日陰で見守ってくれています。

リリーねぇさんは落ち着いて日陰で見守ってくれています。

 

この日は藤田さんは新商品の販売会のため松山に出張中でお留守でした。まずはしゅりの里の藤田さんの奥様にご挨拶。

農場のお話や、村のお話など色々楽しいお話をお伺いしました。

おくさまと娘さん

おくさまと娘さん

 

 

私も田舎の山育ちですが、しゅりの里の自然のスケールはケタ違いです。改めて周囲の豊かな自然の環境に圧倒されます。

周囲の景色は豊かな自然がたくさん

周囲の景色は豊かな自然がたくさん

 

ご自宅の周りには色々な作物や木がたくさんです。

廃タイヤを活用したナスの自然栽培

廃タイヤを活用したナスの自然栽培

周囲の草を抜いて、そこに種を撒いて、廃タイヤをマルチ替わりに転がしておく。それだけで立派に野菜が育ちます。ナスも誘引とかしていないのに、ピンと上に伸びています。

とてもユニークなやり方ですね。しゅりの里農法?気軽に実践出来そうです。特に虫にやられたりとかもしていないので、周囲の生態系が豊かなんでしょうね。害虫と、天敵のバランスが調和されているんでしょう。 アーモンドの木とかもあって、「食べたかったから植えた」と笑いながらおっしゃっていましたが、食べたいから植える、という事が出来る環境がある事そのものが豊かですよね。

 

これは、かぼちゃの大草原です。

かぼちゃの大草原

かぼちゃの大草原

これ、元は一株から始まったとの事です。物凄い勢力ですね。

 

そして、農場を見学させてもらう事に。農場の案内は、なんと犬の中では新入りのシェパード犬のマリンが担当です。

マリンが農場案内をしてくれます。

マリンが農場案内をしてくれます。

 

奥さんとの立ち話の最中、飛んでいるとんぼを必死においかけて、ジャンプして横腹から落ちて痛そうにしている無邪気な一面もありましたが、実はまだまだ生後半年位の子供なんだそうです。体は一番大きいですが下っ端で良くリリーとフェリスに怒られてるとの事。

 

そして、一番に連れてこられた所が、これ。

仕留められたいたち

仕留められたいたち

まだ新しい状態でしたので、つい最近仕留めたんだと思いますが、自慢気に教えてくれましたので、よくやったねーと褒めておきました。

 

たまごはやっぱり大好きみたいです

たまごはやっぱり大好きみたいです

  端に落ちてた卵を美味しそうに食べています。マリンも卵好きなんでしょうね。

 

農場へ 鶏さんが脱走中

農場へ 鶏さんが脱走中

 

鶏さんを放し飼いしているエリアへ。とにかく広い!マリンは一つ一つのブロックの中に入って、「ここ鶏さんがいるよー」と教えてくれるように後ろを振り返りつつ先導してくれます。

 

 

ブロックの中に入るマリン

ブロックの中に入るマリン

鶏さん達も、犬にも人間にも非常に良く慣れていて、近寄ってきてくれます。

 

「出たは良いけど、中入れませんねん」みたいな感じ

「出たは良いけど、中入れませんねん」みたいな感じ

 

一つ一つのブロックもかなり広く、そんなブロックが敷地内にたくさん。この日は非常に暑い日でしたので、木陰で休む鶏さんたちがとても心地良さそうでした。

 

ひと通り農場見学を終え、出荷場にも案内してくれるマリン。スタッフの方たちもお忙しいなか、快く迎えてくれました。

スタッフさん達が出荷のお仕事中・・・

スタッフさん達が出荷のお仕事中・・・

出荷場の外観。トレードマークが素敵

出荷場の外観。トレードマークが素敵

 

 

今は休ませているという放し飼いエリア。どんだけ広大やねん。

休ませている農場。かなり広い

休ませている農場。かなり広い

 

ひと通り農場も見学出来た所で、マリンが次なる場所へ案内。どこへ行くの?

次の場所へ案内するマリン

次の場所へ案内するマリン

山道を下るマリン

山道を下るマリン

「はよこんかーい」と急かすように後ろを振り返るマリン

「はよこんかーい」と急かすように後ろを振り返る

おんちゃん(高知弁でおっちゃん)とすれ違う

おんちゃん(高知弁でおっちゃん)とすれ違う

下から上がってきたおんちゃん(高知弁でおっちゃん)が色々抱えています。聞くと、川エビと沢蟹だそうです。マリンとも顔なじみのようで、おー、と声かけておりました。 ということは、この下には??

 

透き通るような綺麗な川

透き通るような綺麗な川

 

めちゃくちゃ綺麗な川です。流れも緩やかで、泳ぐにも絶好のポイントです。

マリンも心地良さそうに水に浸かって水を飲んでいます

マリンも心地良さそうに水に浸かって水を飲んでいます

 

ひと通り川も堪能し、再び農場へ戻って、奥様と色々お話し、また今度藤田さんがいらっしゃる時に改めてお伺いします、ということでご挨拶し、しゅりの里を後にしました。

・・・

しゅりの里の環境は、もうまるで「大草原の小さな家」レベルの環境です。家ももちろん藤田さん達が自分で建てた家ですし、水道も山から自分で山水を引いてたりします。まさに「開拓した」という言葉がピッタリ。

大自然の中だからこその豊かさや、近代的な生活にはない中で生活する切実な不便さとも向き合いつつ、ひっくるめてその環境を楽しみながら受け入れて生活する。

そういう覚悟と、人間味あふれるダイナミックなライフスタイルというのがとても羨ましくも感じましたし、その考え方や価値観そのものが、しゅりの里のたまごの美味しさ、安心感、価値観になっていると感じました。あの卵の中には、写真では伝えきれない雄大な自然がそのまま詰まっています。

卵に関しても、鶏さん達が生活しやすい環境を最優先に考えて、「生産する」、「販売する」以上の様々な価値を大切にしながら卵を生産する。卵だけではなく、加工品や新商品の開発なども積極的に行い、販路も自分たちで開拓していくバイタリティは本当に凄いです。

しゅりの里だけではなく、三原村全体を活気つけようする試みも積極的に行って、外部とのネットワークを築きながらコラボレーションも進めていらっしゃいます。自分たちの枠の中に引っ込んでいるだけじゃなく、三原村から卵を通じて、三原村の魅力を発信しています。色々なメディアでも取り上げられるようになっているのも頷けます。

以前よりホームページやブログで垣間見たしゅりの里の環境に触れられて、想像以上にその雄大さに圧倒されてしまいましたが、また今度ゆっくり、藤田さんがいらっしゃる時に再度お邪魔したいと思います。

改めて、しゅりの里さんのホームページはこちらです。ぜひみなさんも一度、しゅりの里の卵、味わってみてはいかがでしょうか?

ホームページ:http://www.shurinosato.com/

ご注文はこちらから:美味通販 しゅりの里 放し飼い卵

しゅりの里のブログはこちらから:http://19714628.blog104.fc2.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>