流山の畑に参加しています

千葉県流山市にて、流山田園プロジェクトの畑に参加していますよ。

 

流山にはとても仲の良い友達がいたり、以前柏市に住んでいた事があったりで割と馴染みがある市でした。

そして、流山の新規就農者の「わたしの畑:中越さん」との出会いで、流山の農的な潜在的な魅力やグリーンな価値をとても身近に感じていたりしてたのですが、昨年、流山田園プロジェクトで都内近郊から集まった有志の老若男女と一緒に無農薬のお米を作りました。今年は運営にもガッツリ関わり、今年から中越さんのバックアップのもと、畑で無農薬の野菜を作ることに。その畑の運営を私がとりまわしています。

◆2/6 畑部イベント始動イベント 温床作り!

野菜作るなら堆肥が必要でしょう、という事で、いきなり素人だけで踏み込み温床を作る事に。寒い時期の育苗にも使える究極のエコ発熱装置にもなる日本の伝統技術です。

まずはイベント前日の2/5、八尾農場さまの所で良質の鶏糞を頂きました。八尾さん、いきなりお伺いしたにも関わらず快く鶏糞を分けて頂いて有難うございます。化学肥料、抗生物質など一切使用していない、良質の有機肥料である八尾農場様の鶏糞をたくさんいただきました。

 

次に、流山市の「森のまちエコセンター」で、堆肥の元となる、バークをもらいました。中越さんの軽トラいっぱいに詰める、エコセンターのおじさんのバケット裁きは見事!

 

 

それを畑にドスンと。次の日の温床の堆肥に使用しますよ。

この後、必要な農具や資材、温床箱の板とかいろいろ買出しして、終わったら真っ暗な感じでした。

明日、たくさんの人が楽しんでくれればなぁ。。。

 

◆そして、当日。

バークを囲んでみなさんで自己紹介など。

結構な人数が集まって、感動。この日はmixiやらFacebookやらTwitter経由やら、主宰の大川氏 の研究室の研究生さんやら色々な方に参加頂きました。楽しいなぁー。

そしてー。当日のタスクは以下の通りです。

・地元農家御用達、近所の神社で落ち葉を集める

・昨年の戦場、田んぼのわらを集めて持ってくる

・ハウス内の土を掘って板を組み込み温床箱を作る

・バーク、落ち葉、わら、鶏糞、米ぬかを混ぜる

・温床に詰めて水をまきながら踏み固める

という感じ。

 

 

早速、

<落ち葉広い班> <わら集め班> <温床箱班>

に別れてミッション開始!です。

 

私はわら集め班でしたので、昨年の戦場である田んぼへ向い、昨年収穫した稲の脱穀した後、放置されていたわらを全部回収。無農薬のわらは大変貴重です。

見る人が見れば無造作に捨ててある汚いわらにしか見えないかもしれませんが、堆肥にしようという観点からこのわらを見ると、宝物にしか見えません。このへんの感覚は既に一般の方にはわからない世界かも。。とか思いつつ。(最近、無農薬の米ぬかや、完全有機の土や肥料なんか見るとテンションが上がってしまう、ちょっと特殊な人になりつつあります)

 

作業の合間に、田んぼ部の打ち抜き井戸の見学とかして、もどってきたらこんな感じ。

落ち葉もわらも充分集まりました。ビニールハウスの中には温床箱の姿が・・・

 

 

土がこんなに!奥には箱が埋まっている!

 

 

床穴の掘り方も職人レベル。

 

 

おおー!綺麗に埋まっている!

 

 

職人さんが作ったやつ?と言う程にキッチリ掘られてすっぽりハマってますぜ。ほらほらー。角とか。

 

 

そいで、このへんでお昼になったので、食事。

畑のお隣りの民家の方で、色々とお世話になっているS巻さんの息子さんがラーメン屋さんを経営されていて、「うちの息子がラーメン屋やってっから、昼メシ食うなら、そこ行ったらいいからよっ!」とご紹介され、ラーメン屋さんへ。

総勢20名近くの人数で一気にラーメン屋さんに行ったものだから、お昼時でただでさえ混んでるのに、激混み状態になってしましまって、ちょっと申し訳ない感じもありましたが、快く対応頂いたお店の方、ご主人さんありがとうございました。冷えた体が一気に温まりました。大川さんの研究室の中国出身の女子の方も「お母さんの味だ〜」と喜んでましたよ。

 

お昼からは、温床の中に葉っぱやらなんやら混ぜていれますよ。

よってたかって落ち葉、バーク、鶏糞、わらを混ぜる。やくしじんが独自で仕入れた無農薬の米ぬかもパラパラとふりかけて混ぜます。

 

そして温床箱に詰めます。

新車の一輪車も大活躍!女子でもこのとおり軽快に操れます!

 

そしてー。みんなで踏み固めます。

しっかり踏み固めてもらったので、板がしなっています。ぎゅうぎゅう。ですね。

 

この後も水を撒きながらみんなで踏み固め、最終的には角が外れる程にパンパンに詰めましたよ。板が外れた部分を修復中。

 

 

発酵が進んで発熱し始めるまで3日位かかるようですので、ちゃんと発熱してくれるかちょっと不安。

 

この後も水を巻きながらみんなで踏み固め、最終的には角が外れる程にパンパンに詰めましたよ。発酵が進んで発熱し始めるまで3日位かかるようですので、ちゃんと発熱してくれるかちょっと不安。

この後、流山の市民活動の母、土井さんも来て頂き、農具の使い方や温床のアドバイスなど頂きました。そして、なんとお茶、コーヒーとお菓子まで差し入れして頂き、みんなで囲んでほっと一息。

畑で頂くコーヒー&お菓子は通常の3倍増しのウマさです。外で食べるって気持ち良いねー。

 

体動かした後で美味しく感じるしー。

 

畑にある野菜などを自由に収穫〜。ミニラディッシュ、ブロッコリー、ルッコラなんかもあるよ。

・・・

という感じで、2/6の温床作り、たくさんの方の参加のおかげでとても楽しく作業が出来たと思います!

引き続き2/11に開催した、温床の切り替えし作業&温床育苗の種まき編を更新しますので〜。

この流山田園プロジェクト、随時参加募集中ですので、ご興味がある方は以下のご連絡先までご連絡ください〜。

ndpinfo@googlegroups.com

4 Comments on “流山の畑に参加しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>